商用車輌用(トラック・タクシー・バス)もあります。貴社ブランドでのOEMでもお受けします。
 
280mm〜650mmまでのラインアップの高級グレード。左右比対称なフレーム形状で、高速走行時のリフト(風で浮き上がる現象)問題を軽減した一体型のセミウイングタイプ。SECC(亜鉛メッキ鋼板)+粉体塗装:又はSPCC(処理無し鉄板)+電着塗装(ED)+粉体塗装の2種類の素材が選べます。
ブレードラバーは天然ゴム100%に機能性潤滑コーティング(グラファイトコーティング)を施した撥水ガラス対応品とノーマルタイプ(商業車:タクシー業者向け)の2タイプから選択できます 。
フィット性
フレーム形状に合わせて設計されたブレードラバー(汎用、純正フレーム対応)は、フレームからの押圧を効率よく伝達するために、隙間、ブレを最小限にしたジャストフィットタイプです。
 
製造年月
品質管理で見落としがちな付属部品も、モロは最重要品として、重点的な品質管理、及び検査を行っております。生産月毎にロット番号を刻印することにより、消費者への安心をも提供します。
 
ガタツキ
各フレーム部のジョイントエルボには、消音、ガタツキ防止、そして周動性を考えてPBT樹脂を使用し、スムーズで、確実な払拭性能を提供します。
 
サイズ表示
ブレードラバー部分は、長さ間違いを防止するために、他メーカーでは類のない長さ表示をラバー端部に打刻しております。
 
直線性
ワイパーブレードの基本性能の中で、最も重要なのが直線性(湾曲タイプを除く)。モロ製品はサンプルロット毎に専用の直線性検査システムに装着し、ロット内での直線性のバラツキを調整しております。なお、同時にヨーク(ゴムがおさまる爪部分)下部分の平行性能も検査しております。
※モロ製品は以下のJIS規格に準じた品質テストをクリアしております。
D5710=自動車/ワイパーアーム及びワイパーブレード規格
Z2371=塩水噴霧試験方法規格(耐食性)
D0203=自動車部品の耐湿及び耐水試験方法規格(耐湿性)
D0202=自動車部品の塗膜通規格(耐薬品性)
G3313=電気亜鉛メッキ鋼板及び鋼帯規格(フレーム材質)
K6251=ゴム物理試験方法通則(ブレードラバー)
 
 
2004 MORO, CO,.LTD. All rights reserved.